高校入試に向けた「理科」の勉強法 | 個別指導塾 コネクト

高校入試に向けた「理科」の勉強法

みなさん、こんにちは!

個別指導塾コネクトです( `―´)

 

 

本日は、昨日の社会に引き続き、

「高校入試に向けた理科の勉強法」

についてお話したいと思います。

 

 

勉強法の前に、

公立高校入試において「理科」

という科目の立ち位置をお話いたします。

 

 

兵庫県の公立高校入試において、

一番難しいのが理科と言われています。

 

昨年の平均点は、

なんと36.1です( ゚Д゚)

 

昨年は本当に難しかった…

 

 

この事実から言えることは、

「理科では点数差がひらかない」

 

逆に言うと

「理科で点数を取れば、逆転合格を目指せる」

 

そういう科目が「理科」です。

 

難しい科目だからこそ、

他の生徒より点数を取るチャンスです☆

 

 

どうでしょう、少しやる気になりましたか(*´Д`)

 

続いて、勉強法についてお話します。

 

 

理科は、「物理・化学・生物・地学」

4分野からまんべんなく出題されます。

 

 

そして理科は自学習が難しい分野と

そうではない分野があります。

 

分野ごとに勉強の方針が変わってきます。

 

自学習に向いている分野は、「生物・地学」です。

暗記内容が多い分野なので、問題集や一問一答を用いて、

勉強していきましょう。

 

 

社会と同じように

「実力メキメキ合格ノート」

「入試問題で覚える一問一答」

を用いましょう。

 

 

そして自学習が向いていない分野は、「物理・化学」となります。

 

どうしても、解説が必要な部分が多いので、

冬期講習等の授業を用いて授業を受けた後に、

自学習することをお勧めします!

 

もちろん「物理・化学」分野にも、

暗記内容はたくさんあります。

 

その部分は、「生物・地学」分野と同様に、

暗記していきましょう。

 

 

 

最後に過去問を使った勉強についてお話しします。

 

公立高校の理科の過去問は、

非常に難しいです。

 

公立高校入試の過去問は、

私立高校の受験が終わってからで問題ないです。

 

 

早めに解き過ぎると、

消化不良を起こしてしまう可能性があります。

 

ただし偏差値60を超えるような高校の受験を考えている生徒は、

早いうちからトライしてもらっても大丈夫です。

 

 

 

過去問を使った勉強法としては、

私立高校の過去問を用いて社会と同じように勉強しましょう。

 

 

過去問を解く→できなかった分野を徹底的に勉強する

 

 

という流れです。

 

志望校の私立高校の過去問だけでは練習が不足するので、

同レベルの私立高校の過去問を使って、練習量を増やしましょう!

 

 

 

おまけとして、公立高校の理科のポイントをまとめておきますね!

 

 

❶物理・化学・地学・生物からバランスよく出題

→苦手分野の克服が必須となります。

 

❷語句記述は、漢字で解答を基本とする

→語句は、漢字で書けるように練習しましょう。

 

❸実験・観察とその結果に関する問題

→条件と知識を用いた思考力と計算の練習をしましょう。

 

~~~~~個別指導塾コネクト概要~~~~~

【住 所】宝塚市野上1丁目5-10

【連絡先】0797-61-5261

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

宝塚市・逆瀬川の個別指導

中学受験・高校入試・大学受験・定期テスト対策

~コネクトの授業~

〇個別ブースで自分だけの学習スペースを確保!

〇大きなホワイトボードで解説がわかりやすい!

〇熱心な講師陣が行うキミだけの授業!

~コネクトの自習サポート~

〇日曜日も使える自習室!

〇授業外での確認テスト!

〇オススメ教材や勉強の仕方を指導!

無料体験授業受付中!!

お問合せはこちらから♪