負ける心の準備 | 個別指導塾 コネクト

負ける心の準備

みなさん、こんにちは!

個別指導塾コネクトです(*´ω`*)

 

 

 

なんのために練習しているの?

 

 

 

部活をやっている子にこの質問を投げかけたら、ほとんどの子がこう答えると思います。

 

 

 

試合に勝つため

 

 

 

 

 

私は高校生のころ、バスケ部に所属していました。

 

ふつうの公立高校で弱小バスケ部でした。

 

 

 

監督がおらず、顧問の先生がいるだけで、OBの先輩方が指導に来てくれていました。

 

しかし、それも毎日ではないので、OBの先輩方がいない日は自分たちで決められたメニューの練習を行っていました。

 

 

毎日毎日部活をやっていました。

 

朝練もありました。

 

 

ちゃんとした指導者もいない中で、真面目にやっていたように思います。

 

 

 

基礎練もやって、筋トレとかのトレーニングもやって、練習試合もやって。

 

 

 

日々の習慣として部活をやっていました。

 

 

 

でも、弱小でした。

 

 

毎日練習もして。

 

朝練までやって。

 

 

真面目にやっていましたが、大して強くはならなかったです。

 

 

 

 

今思い返すと、大きく欠落したモノがあったからです。

 

 

 

試合に勝つ

 

 

 

という意識がとても希薄だったなぁと思います。

 

 

 

 

要は「練習をこなしていた」ってことです。

 

 

 

 

でも、口では言ってましたよ。

 

 

試合に勝つために練習してるんだ!!

 

 

って。

 

 

 

遊びでやってるんじゃない!

 

試合に勝つから楽しいんだ!!

 

 

って、いかにもマンガとかのセリフでありそうなことを言ってました。

 

 

一応、私キャプテンでしたので。

 

 

 

でもね、今思うとやっぱりそれっぽいことを言っているだけだったなって思うわけです。

 

 

 

公立高校の自分たちがそんなに勝てるわけない。

 

自分たちは弱小だし、負けても仕方ない。

 

公式戦で1回か2回勝てれば上等でしょ。

 

 

 

もうやる前から「負ける心の準備」が完璧に整っていたわけです。

 

 

そら弱小でしょってな話なわけです。

 

 

 

結果、高校3年生の時の最後の公式戦では2回戦負けでした。

 

 

 

 

試合終了5分前に気付いたことがあるんです。

 

 

 

バスケの試合って10分、4クォーターの40分なんですね。

 

 

 

最後のクォーターの終了5分前にもう負けが確定していました。

 

もうひっくり返りようのない点差でした。

 

 

 

相手チームはもう流しています。

 

もう勝ちが確定していますからね。

 

 

 

そして、負けが確定した私たちも流していたんです。

 

 

 

試合終了5分前に、自分が全然疲れていないことに気付きました。

 

 

 

足もつってないし、バテてもいない。

 

別にもう1クォーターあっても問題ない体力が残ってました。

 

この試合に負けたら引退するって最後の試合で。

 

そのことに気づき、すごく後悔したことを覚えています。

 

 

 

なぜもっと全力でやらなかったんだろう。

 

なぜヘトヘトになるまで走らなかったんだろう。

 

なぜ自分は手を抜いてしまったんだろう。

 

 

 

 

そんな罪悪感に近い感情を晴らすためなのか、最後の5分は走り続けました。

 

まるで素人のようにボールを追いかけまわしました。

 

 

 

お願いだから足がつってくれ

 

 

そう考えていました。

 

 

 

 

せめて、足でもつってくれたら、「一生懸命にやった」と言い訳ができる。

 

 

自分自身に対する言い訳です。

 

 

 

 

結局、5分間全力で走り回ったくらいでは足はつってくれませんでした。

 

 

 

 

3年間バスケに費やした時間は、この最後の試合が集大成です。

 

 

手を抜いた

 

 

それが私の3年間の集大成となりました。

 

 

 

数ある後悔の中の1つです。

 

 

 

負けたことが悔しいんじゃない。

 

弱小だったことが悔しいんじゃない。

 

 

 

全力を尽くさなかった自分が情けないのです。

 

何のために体力を温存したのか。

 

これが最後なのに。

 

 

 

 

結局のところ私は最初から諦めていたのです。

 

 

「負ける心の準備」が完璧に整っていましたので。

 

 

 

 

志望校に合格したい

 

 

 

口で言うのは簡単です。

 

ただ、毎日勉強すれば努力したことになりますか?

 

日々決められたことをこなしているだけで十分ですか?

 

 

 

 

入試本番で気づいても遅いのです。

 

 

 

 

それがキミの全力ですか?

 

 

 

 

胸を張って「YES」と答えられるならば問題ありません。

 

 

少しでも心に違和感を感じるならば、その違和感を潰してください。

 

 

胸を張って全力だと言えるように、日々の行動を改めてください。

 

 

 

 

他人がどう思うかは関係ありません。

 

 

アナタがどう思うかです。

 

 

 

~~~~~個別指導塾コネクト概要~~~~~

 

【住 所】宝塚市野上1丁目5-10

【連絡先】0797-61-5261

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

≪宝塚市・逆瀬川の個別指導≫

 

~コネクトの授業~

 

〇個別ブースで自分だけの学習スペースを確保!

 

〇大きなホワイトボードで解説がわかりやすい!

 

〇熱心な講師陣が行うキミだけの授業!

 

~コネクトの自習サポート~

 

〇日曜日も使える自習室!

 

〇授業外での確認テスト!

 

〇オススメ教材や勉強の仕方を指導!

 

無料体験授業受付中!!

 

お問合せフォームもしくはお電話でお問合せください。