相手の立場にたって物事を考える | 個別指導塾 コネクト

相手の立場にたって物事を考える

みなさん、こんにちは!

個別指導塾コネクトです(*^_^*)

 

 

コミュニケーション能力

 

 

お仕事をする上で重要な能力のTOP3には入るモノではないでしょうか。

 

 

 

この力を高めていくための訓練はいくつかありますが、その1つとして「相手の立場にたって物事を考える」ってのがあります。

 

 

 

親の気持ちは親になってみないとわからない。

 

先生の気持ちは先生になってみないとわからない。

 

相手の気持ちは相手になってみないとわからない。

 

 

 

それでも、「なぜ相手はそんなことを言うのか」を理解する努力が必要です。

 

 

もし自分が親ならばなんて言うんだろう。

 

もし自分が先生ならば。

 

もし自分が相手ならば。

 

 

いったい何を考え、何を伝えるんだろう。

 

 

それを考える時、状況も一緒にイメージする必要があります。

 

 

 

毎日毎日仕事を頑張っている親。

 

たくさんの生徒たちと接している先生。

 

 

 

目の前にいる「相手」はどんな状況なんでしょう。

 

 

 

もし、自分が同じ状況下だったら何を考え、何を伝えるんでしょう。

 

 

 

 

本物のコミュニケーションとは、相手のことをある程度理解した上でないと成り立ちません。

 

 

相手を知る努力と理解する努力が必要になると思います。

 

 

 

そして、これは勉強でも同じことが言えます。

 

 

 

勉強における「相手」とは「問題」です。

 

 

そしてその「問題」には作成者、つまり「出題者」がいます。

 

 

 

勉強とは出題者とのコミュニケーションなんです。

 

 

「この知識をちゃんと理解していますか?」

 

「この重要部分をしっかりと覚えていますか?」

 

「この単元とこの単元を合体して出題しますよ、ちゃんと知識の整理はできていますか?」

 

 

 

すべての問題に「出題者の意図」があります。

 

出題者からのメッセージがあるのです。

 

 

 

それを理解する必要があるのです。

 

 

 

相手の立場にたつ。

 

 

 

すぐに「親」になることはできません。

 

 

しかし、「先生」になることはできます。

 

そして、「出題者」になることもできます。

 

 

 

1回、問題を自分で作ってみたらいいと思います。

 

あなたならどんな問題を作りますか?

 

その問題を解く「回答者」にどんなメッセージを送りますか?

 

 

そして、その問題を友達に解かせてみましょう。

 

100点を取られたらちょっと悔しくないですか?

 

逆に0点だったら難しすぎですよね。

 

 

自分が解けない問題を出題するのはルール違反です。

 

自分が完璧に理解していて、解説ができる問題じゃないと出題してはいけません。

 

もし友達が自分の作った問題を解けなかったら、しっかりと解説してあげてください。

 

 

 

問題を通じて出題者とコミュニケーションを取り、そして出題者のメッセージを理解して受け取れたならば、もう怖いものはありません。

 

 

輝かしい未来が待っています(^_-)-☆