暗記がすべてだ!~前編~ | 個別指導塾 コネクト

暗記がすべてだ!~前編~

こんにちは!

個別指導塾コネクトです(^^)/

 

 

定期テストにおいても受験対策においても、

 

 

暗記がすべてだ!!

 

 

と言い切りたいと思います。

 

 

 

世の中にある様々な学習方法は、結局のところ「いかに効率よく覚えるか」を目的にしています。

 

 

 

暗記が苦手だ・・・。

 

 

って悩みを持っている受験生はたくさんいます。

 

 

 

しかし、学習の基礎とは暗記であり、それなくして知識の定着はあり得ません。

 

 

 

「いかに新しい知識をインプットできるか」が学習のスタートであり、それができればもう勝ったも同然。

 

 

次の段階として、入れた知識を整理したり、問題を解いてアウトプットしたりってのはありますが、最初の段階である暗記をクリアできていれば、そんなものは余裕です。

 

 

 

「社会」が1つのものさしになります。

 

社会が得意な子って暗記が得意な子が多いです。

 

 

経験上の話ですが、社会が得意な高3生は成績が伸びやすいです。

 

 

なぜ、高3生に限定しているのかは後編で説明します。

 

 

 

 

ではでは、学習において暗記がすべてだ!と前提を置いた上で、どうやれば暗記が強くなるのかを見ていきましょう。

 

 

 

有名な英単語帳「ターゲット1900」を例に挙げます。

 

暗記が苦手で困っている人を対象とした話です。

 

 

 

①反復における回数の認識を改める

 

ターゲット1900を使って英単語を覚えようとします。

 

この単語帳を何周反復させましょうか?

 

1900語を何周繰り返せば暗記できるでしょうか。

 

もし、この返答を「5周」とか「10周」とイメージした方。

 

回数の認識を改めた方がいいです。

 

答えは「100周」です。

 

 

もう1度繰り返します。

 

暗記がすべて

 

です。

 

 

すべての基礎であり土台となるものです。

 

ここに労力を割かなければ、「合格」は近づいてきません。

 

 

 

②1個を1秒~2秒で回す、気楽にやること

 

1回で覚えようとしてはダメです。

 

「100周回す」つもりで何回も何回も単語帳を見ます。

 

1個の単語を1秒~2秒で確認して、どんどん先へ進んでください。

 

止まらない。ひたすら回す。

 

仮に1個の英単語に2秒かけたとしましょう。

 

ターゲットであれば1900語ですので3800秒です。

 

およそ63分となりますので、だいたい1時間くらいで1900語回せます。

 

1日1時間、英単語に時間を割いてください。

 

 

そしてそれを毎日やります。

 

1ヵ月で30周回ります。

 

3ヵ月で約100周です。

 

覚えの良い人であれば1900語が完璧になっているでしょう。

 

暗記が苦手な人でも8割くらいは覚えられます。

 

 

hypocrisy

 

という単語の意味を知っていますか?

 

 

ターゲットの最後の方に出てくる単語ですが、「偽善」という意味です。

 

明日から毎日1回だけこの単語を見て発音してみてください。

 

1日2秒で済みます。それを100日間続けてください。

 

 

たぶん一生忘れません。

 

ポイントは負担をかけないこと。

 

 

「あぁ、これなんやったっけなぁ」

 

「あかん全然覚えてないやん」

 

「もう!また忘れた!!」

 

 

などと思わない事。

 

自分を責めないこと。

 

イライラしないこと。

 

 

もしそれが10周目とかならまだまだです。

 

まだ1割の回数しか回していません。

 

ガンガン回しましょう。

 

 

 

③必ず発音すること。耳で聞くこと。

 

英単語に限りませんが、必ず覚えたいものは声に出して読んでください。

 

「五感をフルに活用する」ってもっともらしい言葉がありますが、そんな小難しい話ではありません。

 

シンプルに読めないものを覚えられるわけがありません

 

英語でも古文でも漢字でも、必ず「読み」と「意味」をセットで覚えていきましょう。

 

 

あと、付属のCDなどが付いている場合は必ずそれも活用しましょう。

 

ターゲット1900の場合は無料アプリをダウンロードすれば音声も聞けます。

 

 

もう1個有効なのが、ボイスレコーダーです。

 

覚えていない単語だけを自分の声でボイスレコーダーに録音して、移動中とかに聞きます。

 

この場合は、「自分が覚えていない単語だけ」を確認することができるので時間効率は高まります。

 

 

 

前半3個をご紹介しました。

 

明日に後半3個についてご紹介差し上げます。