受験生必見!入試1ヵ月前の勉強の仕方! | 個別指導塾 コネクト

受験生必見!入試1ヵ月前の勉強の仕方!

みなさん、こんにちは!

個別指導塾コネクトの松田です( `―´)ノ

本日は、受験生向けに、この時期に最適な勉強の仕方についてお話したいと思います。

 

結論から言うと、過去問をベースとした勉強をしましょう!

そんなの当たり前じゃない?っと思った方もいるかもしれません、、、

 

意外と間違った勉強の仕方をしている生徒がいらっしゃいます。

 

この時期の勉強の目的は、入試の全体感の把握、形式の把握、そして弱点内容の確認となります。

つまり、受験勉強の最終段階です。

 

この時期になっても、基礎固めを必死に行っている生徒を見かけます。

まだ社会の縄文時代の内容をノートにまとめていたりする生徒、、、( 一一)

 

そういう生徒に、なんでその単元をやっているか聞くと、

「まだ、完璧に覚えられていないから」と返ってきます。

 

これは、自分の心地よい勉強をしているにすぎないんです。

練習のための練習みたいなものですね、、、

この時期は、ストレスのかかる実戦練習をしていかないといけません。

 

そもそも、1つの単元を完璧に覚えることなんて、絶対無理です。

もしそういう勉強をするのであれば、少なくとも1年ぐらい前からやらないといけません。

 

入試内容は膨大です。

覚えた内容は、覚えた先からすぐに忘れていきますからね。

 

そして、そういう生徒に限って、今の自分の実力から目を背けようとします。

過去問を解いて、点数が悪かったことに落ち込み、一番大切なことを疎かにします。

 

一番大切なのは、

入試までの間に出来なかった問題を出来るようにして、合格最低点を超える

これだけのはずです。

 

ほとんどの生徒が、過去問を解き、丸付けをして、点数を確認した上で満足します。

これでは、過去問を使った勉強の一番大事な、

出来なかった問題のやり直しが終わっていません。

 

プリンのカラメル部分を食べずに、プリンがおいしかったと言っているのと同じです。

 

過去問をしっかり使えているかを確認する方法は、簡単です。

2回目解いてみたときに、ほとんど100点を取れていればOKです。

(受験校のレベルによっては、80点やそれ以下でも問題ありません。)

 

1回目と点数が変わらなかったり、1回目より点数が悪くなっている生徒は要注意です。

普段の勉強の仕方から見直すべきかもしれません。

 

等身大の自分と向き合い、入試までの残りの期間を有意義に過ごしましょう( `ー´)ノ

~~~~~個別指導塾コネクト概要~~~~~

【住 所】宝塚市野上1丁目5-10

【連絡先】0797-61-5261

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

≪宝塚市・逆瀬川の個別指導

高校受験・大学受験・内部進学・定期テスト対策

~コネクトの授業~

〇個別ブースで自分だけの学習スペースを確保!

〇大きなホワイトボードで解説がわかりやすい!

〇熱心な講師陣が行うキミだけの授業!

~コネクトの自習サポート~

〇日曜日も使える自習室!

〇授業外での確認テスト!

〇オススメ教材や勉強の仕方を指導!

無料体験授業受付中!!

お問合せはこちらから♪