ドラマ学習 | 個別指導塾 コネクト

ドラマ学習

みなさん、こんにちは!

個別指導塾コネクトです(^^)/

 

 

20代前半にカナダのバンクーバーにワーキングホリデーで1年間留学に行きました。

 

 

この頃は塾講師として英語を教えていましたので、英文法は身についていたのですが、やはり海外で生活する上で「リアルな会話表現」に慣れておく必要があると思い、出発の半年くらい前から海外ドラマを使った英語学習をしていました。

 

 

ちょうど「24」とかが流行ってた時期なんですが、「the OC」というカリフォルニアの高校生たちの恋愛や友情をテーマにしたドラマが深夜にテレビでやっていて、私はそれにハマりました。

 

 

元カレが自分の母親を好きになるとか。

 

お父さんがお母さんの妹を好きになるとか。

 

 

中々にムチャクチャで複雑すぎる人間ドラマでしたが、おもしろかったです(*'ω'*)

 

 

 

それのDVDを購入して、毎日1話ずつ見てました。

 

 

DVDだと日本語音声と英語音声を選択できます。

 

そして、日本語字幕と英語字幕も選択できます。

 

 

よくやっていたのは、英語音声と英語字幕を選択して見ることでした。

 

 

会話の中で知らない単語が出たら一時停止して、ノートに書き写して意味も一緒に書いていました。このノートを「OCノート」と名付け、とにかく知らない単語やわからない表現はすべてここに書き写して何回も見返すようにしていました。

 

 

また会話なんでたまにめっちゃ早い口調で喋ってる時もあって、「あかん、全然聞き取られへん!」ってなった時も一時停止して字幕を自分で発音してからもう1回巻き戻して改めて聞く。

 

 

みたいなこともやってましたね。

 

 

 

その後に、日本語字幕にしてみたりとか、日本語音声にしてみてもう1回見るといろいろ気付くわけです。

 

えぇ、あの英語の文章を日本語にしたらこんな表現になんの!?

 

あぁ、こういう表現をしたら短くまとまるわけね・・・。

 

など。

 

 

 

日本語字幕ってあんまり長いと読むのが追い付かないので、かなり短く要約されているシーンも結構あります。

 

 

 

これをすると、日本の学校で習う英語では滅多に出てこないけど、アメリカでの会話でよく使う単語がわかるようになりました。

 

 

 

代表的な例が「awesome」です。

 

 

自分が受験生で英語を勉強している時も、講師として英語を教えている時もほとんど見たことがありませんでした。

 

 

ただ、これめっちゃ使います。

 

意味は「すげー!」とか「いいね!」です。

 

 

 

海外ドラマのDVDで勉強するメリットはいろいろあります。

 

①好きなドラマであれば苦なく反復できる

②英語音声とか英語字幕を選択できる

③一時停止ボタンが神

④発音も学べる

⑤リアルな会話表現が学べる

 

 

あとは出来る限り日常を表現したドラマの方がいいと思います。

 

医療系のドラマとかだと専門用語が多くなるので、ちょっと難しいですよね。

 

日常のドラマの方が、表現をそのまま使えたりするので個人的には良かったです。

 

あと、スラングとかも一緒に学べましたしね。

 

 

 

実際にバンクーバーで生活している時に、そういったOCで覚えた表現を使うわけですよ。

 

 

あ!今あのセリフ使える!

 

 

みたいな感じで。

 

 

 

そうすると、現地の人に結構褒めてもらえましたよ。

 

 

すげぇ、スラング使うのうまいねぇ!

 

 

みたいに。

 

 

スラングっていわゆる俗語ってやつで、基本学校とかで習う表現ではありません。(悪い言葉のことをスラングって言うわけじゃないよ!)

 

 

 

褒められたら当然嬉しいわけで、「もっと勉強しよう!」みたいな意欲も湧きました。

 

 

 

単語帳を見て覚えたり、問題を解いたりすることってすごく大事ですが、それだけだと飽きちゃうんですよね。

 

 

そして同じことをずーと繰り返していると目的意識も薄まりやすいです。

 

 

「単語を10回書いて覚えよう!」

 

「覚える」という目的のために「10回書く」という手段を用いるハズだったのに、いつのまにか「10回書く」が目的になってしまっていることってよくありません?

 

 

 

単語1つ覚えるにしても、どうやったら効率よく覚えられるかと試行錯誤することが大事だと思います(*'ω'*)