もうっ!!(゚д゚)! | 個別指導塾 コネクト

もうっ!!(゚д゚)!

みなさん。こんにちは!

個別指導塾コネクトです(^^♪

 

 

「褒める」

 

 

ってのは人間関係において非常に有効的な手段だと思います。

 

 

 

 

人に褒められるとやる気になります。

 

 

「褒められる」=「認められる」

 

 

他人に自分のことを認められたら嬉しい気持ちになります。

 

 

 

 

ただ、褒め方って大事です。

 

 

そこを間違うと逆効果になる危険性すらあります。

 

 

 

うちに3歳児がおります。

 

 

口癖のように「見て見て~!」と言ってなんかやってます。

 

 

運動能力向上のために、3歳の誕生日に室内用のトランポリンをあげました。

 

 

「見て見て~!」と言いながらぴょんぴょん飛んでます。

 

 

 

それを見た時の親の反応としては、

 

 

「すごいね~!」

 

「じょうずだね~!」

 

( ◠‿◠ ) パチパチ♪

 

 

って満面の笑みをもってべた褒めするわけです。

 

 

 

 

ただ、これが小学生になるとちょっとメンドクサイわけです。

 

 

 

 

3歳の子と10歳の子で褒める頻度は当然変わります。

 

 

小学生がトランポリン飛んでても誰も褒めないわけで。

 

 

それでも何か褒めるところは見つけてあげないといけません。

 

 

「忙しい」という理由で後回しにしてしまうと、逆行しだす恐れあり。

 

 

 

どういうことか。

 

 

 

褒められない。

 

でも自分に注目はして欲しい。

 

どういう形でも。

 

 

 

その先に起こす行動として、「イタズラ」だったりがあります。

 

そして、「言うことを聞かない」もその1つかなと。

 

 

思春期でもありますので、しょうがない部分もあるんでしょうが、親が自分に注目していない、褒められないことに対する仕返しをしてきます。

 

 

 

「これをしなさい」

 

拒否

 

 

「こういう風にやりなさい」

 

拒否

 

 

「いつまでにやりなさい」

 

拒否

 

 

 

もうっ!!(゚Д゚)ノ

 

 

ってなります。

 

 

 

 

かといって褒め方にも注意がいります。

 

 

3歳児を褒めるかのように褒めても嫌がるでしょう。

 

 

 

子供扱いすんなっ!!

 

 

 

・・・

 

 

 

もうっ!!(゚д゚)!

 

 

 

ってなります。

 

 

 

 

個人的に子供を褒める時に大事だなぁって思っていることは2つです。

 

 

 

1、目線を合わせること

 

えらいね~!

 

ではなく、

 

すごいね~!

 

って言うようにしてます。

 

要は上から目線で褒めないように注意しています。

 

 

 

2、自分が喜ぶこと

 

例えば子供が良い点数を取った時に、「子供を褒める」よりも「自分が喜ぶ」方が効果が高いと思っています。

 

嬉しそうな大人の表情を見て、子供も誇らしい気持ちになるのではないでしょうか。

 

 

 

 

同じような成長をする子はおりません。

 

 

兄弟や姉妹だったとしてもまるで違います。

 

 

それは体だけでなく心もそうですし、脳みそも同じです。

 

 

 

 

もどかしい気持ちになることも多々ありますが、それは答えを知っているからです。

 

 

こうすればこうなる

 

だからこうした方がいい

 

 

その通りだと思います。

 

 

 

なのにやらないからイライラするわけで。

 

 

 

「親の心子知らず」

 

ですよね。

 

 

 

でも同時に、「子の心親知らず」の可能性もあり得るのではないかというお話でした。

 

 

 

あくまで1個の例でしかないですが。(´-ω-`)